キリスト教形式の葬式があったら

日本人のほとんどは仏教形式での葬式になりますが、キリスト教で行われる形式も少しはあります。
そんな時でも参列しなくてはいけないのが葬儀です。
キリスト教形式ですとお通夜というのはありませんが似たようなことがあります。
カトリック、プロテスタントで呼び方は異なりますが、教会、自宅、葬儀場で行います。
神父、牧師が朗読などをします。
キリスト教形式の大きな違いは、香典がない焼香が無い点です。
しかし、香典の代わりに御花代という名称でお金を包むことはあります。
焼香の代わりに祭壇に白い菊、カーネーションに献花をします。
また、他の違いとしたら賛美歌を歌う点でしょう。
お経を唱える代わりに神父さんが聖書の一部のお話をしたりします。
服装にしては喪服であれば問題ありません。
宗教が違って、少しスタイルが違いますが、葬儀、葬式の大まかな流れは同じです。
キリスト教形式で行われることはありませんので事前に調べていくといいでしょう。