お葬式はコンパクトで安価なものが人気

不景気が続いたせいか、最近はコンパクトで安価なお葬式が人気になってきています。
宗教色が薄れてきたのも理由の一つかもしれません。
家族が亡くなっても、あまり大きな葬儀を執り行おうと考える人が減ってきています。
とりあえず遺体を処理できればいいという考え方をする若者はかなりの数に上ります。
そもそも、最近の若い人は自分が何の宗派に属しているのか知らないことが多いです。
一応は仏教徒なので仏教スタイルでの葬儀を依頼しますが、内容にはあまりこだわりを見せません。
滞りなく葬儀を終わらせてくれればそれでいいと考える人がほとんどです。
ですから、あまりお金も使いたがりません。
昔のように、数百万円ものお金をかけてお葬式をしようとする人は稀です。
できるだけ費用が安く済むようにと、密葬や家族葬といったシンプルな葬儀を選択するケースが多いです。
業者側もそうしたニーズを汲み取って、値段の安い葬儀スタイルを提案し始めています。