葬式は最後の別れの儀式なのできちんとやりました

結婚してから大きな喧嘩もなく、円満な夫婦関係が続いていたのですが、夫が車を運転している時に事故に巻き込まれてこの世を去ってしまいました。
自宅に電話があった時、とても気持ちが焦って、どうすればいいのか分からない混乱状態になってしまったのを覚えています。
とにかく急いで夫のいる病院へ駆けつけました。
ですがもうすでに息をしていない夫がそこにはいました。
話しかけても揺すっても応えてくれない夫、でもまだ生き返るかもしれないという希望は捨てきれませんでした。
そうこうしているうちに葬式をする事になり、夫の同級生や会社の同僚などが葬式に来てくれました。
最後の別れの儀式ですから、きちんと納得の行く葬儀会社へ依頼をして綺麗な祭壇を作ってもらいました。
参列に来てくれた方々は皆、夫との別れを悲しんでいました。
不思議と葬式の間は私自身は落ち着いていられたのですが、葬式が終わって納骨をして、墓場に行くとき、ついに悲しくなって泣いてしまいました。
今は一人で暮らしていますが、夫の分も楽しく生きています。