昔に比べると変化を遂げるお葬式

昔の葬儀・告別式と言えば、自宅で執り行うことが当たり前でした。
しかし、現在は大きく変わって来ているようです。
大部分の方が葬儀社の所有する会館で行うようになり、自宅葬の割合は極端に少なくなっているようです。
お葬式にはたくさんの方が来てくれますし、駐車場が完備されていると便利です。
また、会館のスタッフがお茶出し等をしてくれるので、遺族は故人との最期の時間をゆっくりと過ごすことが出来ます。
終活という言葉がブームになっていますが、自らが死ぬ時にどう在りたいかを考えておくことは大切なことではないでしょうか。
お葬式にかかる費用は膨大になりますし、お金に関しても生前に色々と決めておくことが重要ではないでしょうか。
きれい事では済まないのが人間の最期ですし、事前に色々と決めておけばスムーズに物事が進むのではないでしょうか。
高齢化社会を象徴してか、お葬式の件数は年々増えていますし、家族で話し合いをしておくことが大切です。

寝屋川 歯医者
身体の健康は口から始めると言っても過言ではありません。口の中を清潔・健康に保つには定期的な歯科検診を行いましょう。

水槽レンタル

水まわりのリフォームならかえるHOME
浜松市でキッチン、お風呂、トイレリフォームに対応

熊本 鍼灸
肩こり・腰痛改善には鍼灸治療が効果的。熊本県にあるみちびき治療院へご来院ください。

自分の葬式はどんな風にしたいか考えてみた(20代)

20代になって、葬式というものを少し身近に感じるようになりました。
それまでは、葬式なんてどうでもいいし、自分にとってはまだ遠い先の話だからと気にもかけていませんでした。
その考えが変わったのが1年前です。
母方の祖父、祖母が同じ期間で亡くなり、身内のものとしては初めて出席しました。
亡くなった人を見ること自体初めてです。
祖母が骨だけになったのを見るのも初めてです。
なんとも言えない気持ちになりました。
葬式は、身内だけで行うものもあれば、どのように催してもいいものだと思っています。
たとえば、それ自体無くても僕はいいんじゃないかなと思います。
なぜなら、それにかかる費用が尋常ではないからです。
僕が死んだとき、もし、100万円葬式代にかかるのであればその分家計の墓を立派なものにするとか、その100万円を使って生きている家族で海外旅行に行って楽しんでもらうとか、そのような使い方をしてもらうのもいいんじゃないかなと思います。
大事なのは、亡くなった方の事を尊ぶ気持ちです。
それだけでいいと思います。

none

最新記事